消費者金融の最近のブログ記事

tzxnmjyl.png消費者金融というのは昔からそれなりにいろいろなところで、その活動をしていたのです。ただ、いけなかったことには、金利のグレーゾーンを作ってしまい、その部分を放置した結果が、今の再編につながったともいえるのです、このようなダメを押してしまったのが、貸金業規制法43条にみられるところのみなし弁済が不当と最高裁で判決がでたことにあります。要は、グレーゾーンの金利というものというのは本来支払い義務がないものであり、過払い分は返還すべきとなったからなのです。これに対して過払い請求の裁判が全国で起こることで境地に立たされるようになったのが、旧消費者金融ということになるのです。その後さらに追い討ちをかけるように、会計基準による見直しもされる中で、マスコミや世論を見方にできなかったところもあるのです。結局は、旧消費者金融というのは、その当時の業界内の規制を強化し健全化ができなかったことや、多重債務者などの救済をしカウンセリングなどの機能を果たせなかったこと、そして、消費者が安心して消費者金融からの貸し出しができなかったことが原因となって現れてしまったことがあげられるのです。このように、どのような業界においても、サービスを受ける側を無視してしまうとそのものの業界が崩壊してしまうという事例になるのです。以上これが、消費者金融機関が今の状態になった経緯についてのご説明ということになります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち消費者金融カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは住宅ローンです。

次のカテゴリは脱毛です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7