育毛剤の使い方 副作用

82kkb4ef.png育毛剤を使っていると、どうしてもニオイが気になって仕方ないことでしょう。とりわけニオイに敏感な人なら、余計に気になってしまいます。しかし、ここで気にするべきことは、育毛剤のニオイではありません。それよりは、副作用を気にすることが大切です。育毛剤なのに副作用なんか気にしなければいけないなんて面倒くさいと思うかもしれませんが、それでも気にすべきことなのです。では、なぜ副作用には注意しないといけないのでしょうか。その理由についてお話します。 育毛剤は、医薬品のものと医薬部外品のものがあることは、既に学んだ通りです。医薬部外品の育毛剤なら、そこまで副作用のことを気にすることはないですが、医薬品の場合は、そうはいきません。育毛剤であれ、医薬品としてみなされている製品なら、あくまでも病気の治療のための製品であると言えるからです。ということは、それだけ副作用の危険性が伴うことになるのです。では、どんな副作用が起こると考えられているのでしょうか。まず、ミノキシジルという成分が配合されている場合は、注意が必要です。例えば、頭皮のかゆみ、頭皮の腫れといったトラブルが起こることもあります。また、場合によっては、低血圧や頭痛、動悸といった副作用が起こることもあります。また、フィナステリドという成分が配合されている場合も注意が必要です。この成分は、胃の不快感や性欲に対しての副作用が起こることがあります。もし副作用が起こった場合は、その場で使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、Uehiraが2014年1月12日 06:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人気の家庭用脱毛器について」です。

次のブログ記事は「敏感肌には脱毛エステが最適」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7